ツキデ工務店 > 新築施工実例 > 2012年 新築施工実例 > 宇治市「折居台の家」

新築施工実例

 

宇治市「折居台の家」

竣工:2012年7月
延べ床面積:109.31㎡(33.12坪)
今回の建物は、宇治の折居台という所に建ちます。 敷地の南東側には京都府茶業共同組合の茶園が広がり、その先には、府立山城総合運動公園(太陽が丘)の丘陵が続き、2階の窓からは緑豊な景色が楽しめます。 構造材には、日本有数の美林、吉野杉を使い、熟練の大工が仕上げました。 栗と杉の床板、火山灰を利用した左官壁、2階床の剛性をかねた杉板張りの天井、 和室は土佐和紙貼り、浴室は桧板張りの壁・天井と、自然な素材をふんだんに使いました。 高断熱仕様で、1台の蓄熱式暖房機で全館暖房が可能で、 屋根には太陽光発電を設置したエコな家でもあります。

*画像をクリックすると、大きい写真と説明がご覧になれます。