ツキデ工務店 > 新築施工実例 > 精華町 下狛の家

精華町下狛の家 top

 

精華町 下狛の家

竣工:2018年10月
延床面積:108.48㎡(32.9坪)

*画像をクリックすると、大きい写真がご覧になれます。
この建物は、周辺に田園風景が広がるのどかな住宅地に建つ、家族4人が暮らす延床33坪の2階建ての家です。 玄関ポーチの吉野杉を張り上げた大きな屋根は、雨の日も濡れずにガレージに行き来ができます。 約20畳の広さのLDK、キッチンは対面式で台所仕事をしながらリビング・キッチン・庭を望むことができます。キッチンから横に一直線に洗面、洗濯脱衣場、勝手口と続き効率の良い家事動線としました。 リビングの隅に置かれたペレットストーブで全館暖房が可能です。 構造材は、天然乾燥の吉野杉・吉野桧を熟練の大工が手刻みし、1階の床は吉野桧、壁は調湿・脱臭効果が高い「湯布珪藻土」で仕上げました。

この建物は、周辺に田園風景が広がるのどかな住宅地に建ちます。

玄関ポーチの吉野杉を張り上げた大きな屋根は、雨の日も濡れずにガレージに行き来ができます。

桧の「柾板」でつくった玄関ドアを開けると正面に窓があり庭の木々が目に入ります。

玄関の天井と玄関ポーチの吉野杉の軒天は、台形の欄間ガラスを介してつながり、狭い玄関が広く感じられます。

約20畳の広さのLDK。 キッチンは対面式、台所仕事をしながらリビング・キッチン・庭を望むことができます。

リビングの1間半の掃出し窓からウッドデッキが続きます。 リビングの隅に置かれてペレットストーブで全館暖房が可能です。

景色がいい東側には1.5間の大開口の窓、そしてそこに引き込み障子を設けました。

リビングに隣接して半間の「床の間」を設けた六畳の和室。

外部からの視線を遮るために掃出し窓の障子は、「雪見障子」にしました。

対面式のキッチン、収納部も多くとりました。

キッチンから横に一直線に洗面、洗濯脱衣場、勝手口と続き効率の良い家事動線としました。

洗面台の向かい側にあるトイレ。

下着やタオルが収納できる脱衣室、その反対側には洗濯機が置かれます。

吉野杉をふんだんに使った2階のプライベートルーム。 広いベランダを設け布団も干しやすくしました。

ロフトがある子供室。この部屋もベランダに面しています。

もう一つのこども室、この部屋も吉野杉をふんだんに使っています。

設計から1年余りをかけてめでたく出来上がったこの家、 これから住まい手によって歴史が刻まれていきます。